藤田保健衛生大学と名古屋大学の医学部について

家から通える藤田保健衛生大学と名古屋大学

必死になって勉強していましたが、あまり効率よく学んでいくことができていないなと感じるようになりました。
塾に通ってみようと思いましたが、体験に行った時に雰囲気が合わないと思ったし家庭教師を雇うことにしました。
実際に大学に行っている人の話も聞くことができたし、今は勉強ざんまいで辛いけどこの先はきっと楽しいキャンパスライフが待っているはずだと思い頑張り続けました。
最初は藤田保健衛生大学に行こうと思っていましたが、いろいろ考え両親とも話し合った結果名古屋大学に行くことに決めました。
目標が絞り込めた分、よりやる気を出すことができて集中して学んで行くことができたのもよかったかなと今になって思います。
勉強して行く中で、自分の実力がアップしていっているというのが実感することができたし偏差値も上がっていっていたのでますますやる気が出ました。
基礎的な部分はほぼ完璧かなと思うようになりましたが、いくら基礎ができていてもそれを応用することができなければ意味がないということは勿論のこと、過去の入試問題を分析することの大切さも家庭教師に言われて気づくことになりました。
入試問題を分析していたところ、奇問や難問といったものは少なくて標準的で基本的な問題が大半だということもわかって、やっぱり基礎となるものが大切なんだなと知ることになりました。

医学部に進みたいと思うきっかけ : 家から通える藤田保健衛生大学と名古屋大学 : 医学部受験の勉強して行く中で